少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

保護観察処分,保護司について

 このページでは,保護観察処分,保護司について説明しております。

保護観察とは

保護観察とは,少年を施設に収容することなく,社会内で生活させながら,保護観察所(実際は,保護司)の指導監督の下,少年の更生を図る保護処分です。内容としては,月に数回,保護司と面会し,近況を報告した上で,保護司から指導を受けていくというものです。 

 家庭裁判所の決定により保護観察に付された少年は,原則として20歳に達するまで(その期間が2年に満たない場合には2年間)または保護観察が解除されるまで,保護観察官または保護司から,改善更生のために必要な指導監督及び補導援護を受けることになります。

 なお,家庭裁判所が,少年を保護観察に付する際,非行性の進度がそれほど深くないなどの理由で,短期間の保護観察により改善更生を期待できると判断した場合には,保護観察の期間を短期とする処遇勧告を出すことができます。

<保護観察の種類と期間及び実際の運用>

 一般保護観察…1年(特別事情があれば6ヶ月)を経過し,3月以上継続して成績良好であれば,解除が検討されます。
 一般短期保護観察…6ヶ月以上7ヶ月以内の期間に解除が検討されます。
 交通保護観察…6ヶ月経過後に解除が検討されます。
 交通短期保護観察…3ヶ月以上4ヶ月以内の期間に解除が検討されます。

遵守事項について

少年に保護観察処分が下される場合,少年は生活する上で遵守すべき事項が定められます。この遵守事項には,一般遵守事項と特別遵守事項があります。

 一般遵守事項とは,すべての保護観察対象者が遵守しなければならないもので,①再び犯罪をすることがないよう,又は非行をなくすよう健全な生活態度を保持すること,②保護観察官及び保護司による指導監督を誠実に受けること,③保護観察に付されたときは,速やかに,住居を定め,その地を管轄する保護観察所の長にその届出をすること,④届出をした住居に居住すること,⑤転居又は7日以上の旅行をするときは,あらかじめ,保護観察所の長の許可を受けることという事項になります。
 特別遵守事項とは,保護観察対象者の特性や改善更生の状況などに応じて,個々の保護観察対象者ごとに定められるものです。具体例としては,共犯者のいる事件で,共犯者との交際を禁止したり,性犯罪を犯した少年に対して性犯罪の結びつく行為を禁止したりというものがあります。

保護観察処分と試験観察処分の違い

保護観察処分は,保護観察所の指導監督の下,少年の更生を図る処分で,最終的な処分になりますが,試験観察処分は,少年を少年院送致にするか保護観察処分にするかなどを判断する中間的な処分になります。

 保護観察になった場合には,保護司や保護観察官が少年の生活状況をチェックしますが,試験観察になった場合には,家庭裁判所の調査官が引き続き調査を行うことになります。試験観察期間中にも,少年に対して遵守事項が言い渡されますが,その遵守事項を破ってしまうと,家庭裁判所における審判での最終的な処分が重くなってしまいます。

保護司について

保護司とは,更正保護活動に携わる民間のボランティアの人を言います。保護司は,ボランティアではありますが,法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員であり,犯罪や非行をした人の立ち直りを支えていってくれます。
 保護司の主な仕事としては,保護観察官と協力しながら,保護観察中の人と月に数回面接し,生活状況を見守る保護観察,刑務所や少年院に入っている人の家族等に会い,矯正施設出所後の生活環境を整える生活環境調整などがあります。少年事件において,少年に保護観察処分が下された場合には,保護司の指導・監督の下,保護観察期間を過ごしていくことになります。
 少年事件の弁護をしていると,少年から,「保護観察になったときに,自分の保護司さんがどの人がいいとか選べるの?」と聞かれることが良くあります。ただ,保護司がどの人になるかについては,少年が選ぶことはできません。そのため,保護観察処分になった後,少年と保護司との相性が良ければ問題はないのですが,少年と保護司との相性が悪かった場合には,少年が保護司との関係でストレスを溜めてしまい,新たなトラブルを生じさせてしまうこともあります。 
当事務所では,保護司とうまくいかないケースであっても,保護観察の効果を最大限に発揮できるようにするため,審判後のサポートプログラムを用意しております。

審判後のサポートプログラム

保護司の年齢,職業(平成29年犯罪白書)

保護観察所一覧(東京,神奈川,埼玉,千葉)

東京保護観察所

〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関1-1-1中央合同庁舎6号館A棟
電話:03‐3597-0120
最寄駅:東京メトロ有楽町線桜田門駅,東京メトロ霞ヶ関駅

東京保護観察所立川支部

〒190-0014 東京都立川市緑町6番地の3立川第二法務総合庁舎
電話:042-521-4231
最寄駅:多摩モノレール高松駅

横浜保護観察所

〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-6-2横浜第一港湾合同庁舎
電話:045‐201-3006
最寄駅:みなとみらい線馬車道駅

小田原駐在官事務所

〒250-0012 神奈川県小田原市本町1-7-1小田原法務合同庁舎
電話:0465-22-8590
最寄駅:JR小田原駅

さいたま保護観察所

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-58さいたま法務総合庁舎
電話:048-861-8287
最寄駅:JR浦和駅

千葉保護観察所(千葉みなと庁舎)

〒260-8513 千葉県千葉市中央区中央港1-11-3千葉地方合同庁舎
電話:043-204-7791
最寄駅:JR京葉線千葉みなと駅

その他のメニュー

少年事件の基礎知識について解説しております。

少年審判における審判不開始決定・不処分決定について説明しております。

少年事件の流れについて説明しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,保護観察処分及び保護司に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

Call: 0120-135-165