少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

強制わいせつ(少年事件)

こちらでは,少年事件における強制わいせつ罪について解説していきます。

強制わいせつ罪について

 強制わいせつとは,被害者の反抗を著しく困難にする程度の暴行・脅迫を用いて、わいせつな行為をすることです。強制わいせつについては,刑法第176条で規定されています(なお,被害者が泥酔状態等にあることに乗じて,わいせつな行為を行う準強制わいせつという犯罪もあります。刑法第178条第1項)。
 強制わいせつを行った上で,被害者が怪我を負ったり,死亡したりした場合には,より重い罪となり(刑法第181条第1項),裁判員裁判対象事件となります(少年の場合、家庭裁判所から逆送されなければ,刑事事件とはなりませんので,必ずしも裁判員裁判になるわけではありません。)
 強制わいせつ罪が成立するためには,客観的にわいせつな行為をしただけでなく,行為者に性的意図(犯人の性欲を刺激興奮させ又は満足させる)がなければならないとされていましたが,
最近の最高裁判例で性的意図がない場合にも強制わいせつ罪が成立するとの判断がなされました。

刑法第176条(強制わいせつ)

十三歳以上の者に対し,暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は,六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し,わいせつな行為をした者も,同様とする。

刑法第178条第1項(準強制わいせつ)

人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ,又は心神を喪失させ,若しくは抗拒不能にさせて,わいせつな行為をした者は,第百七十六条の例による。

刑法第181条第1項(強制わいせつ致死傷)

第百七十六条,第百七十八条第一項若しくは第百七十九条第一項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し,よって人を死傷させた者は,無期又は三年以上の懲役に処する。

強制わいせつ事件の具体的な態様(少年事件)

 強制わいせつに関しては,様々な態様が考えられます。
 電車内での痴漢行為がエスカレートし,女性の下着の中にまで手を入れ,胸や陰部を触ったりすると,強制わいせつ罪にあたることになります。また,路上で女性に抱きついたり,押し倒したりして,胸や陰部などを触る行為も強制わいせつ罪に当たります。さらに,多くの人は,強制わいせつ=女性の体に触る行為と考えていますが,男性が女性に対して自己の陰茎を触らせるような行為も強制わいせつ罪に当たる行為になります
 少年事件においては,性的興奮が抑えきれずに,痴漢行為がエスカレートしてしまうといったケースが多いように思いますが,夜道で女の子を襲うケースも多く見受けられます。また,思春期ならではのものとして,少年自身が自己の性的な欲求をどう解消してよいのかわからずに,自分よりも幼い女の子に対して,自己の陰茎を触らせてしまったり,その女の子の体を触ったりするケースもよく見かけます。
 強制わいせつ罪は,痴漢盗撮の場合(迷惑行為防止条例違反の場合)と比べてみても分かるように,罰金刑が規定されていませんので,それだけ重い犯罪ということになります。そのため,少年事件においても,少年院送致などの重い処分が十分に考えられる犯罪であり,弁護士を付けずに対応していると,少年が少年鑑別所に収容され,その後の審判でそのまま少年院送致になってしまうこともあります。 

強制わいせつ事件の弁護のポイント(少年事件)

 強制わいせつの場合,事件の重大性から,少年が逮捕・勾留される可能性が非常に高くなります。ただ,少年が逮捕・勾留される前から,弁護士が弁護人として付いて,警察対応を行うことによって,逮捕を回避することができる場合もあります。また,少年の逮捕・勾留は免れないとしても,家庭裁判所に事件が送られた段階で,弁護士が家庭裁判所に対し,観護措置(少年鑑別所に収容すること)を取らないように求める意見書を提出することによって,少年鑑別所に収容されることを避けられる場合もあります。 
 また,強制わいせつの場合には,被害者に与える被害の程度が大きいため,被害者に対する被害弁償が重要になります。少年事件においては,被害者との示談がそのまま少年の処分を軽くすることにはつながりませんが,強制わいせつ罪の場合には,被害者の被害感情が重要視される傾向にありますので,被害者との示談が重要な意味を持ちます。そのため,早い段階で弁護士を通して,被害者と被害弁償についての交渉を行い,示談を成立させていくことが重要になります。
 加えて,強制わいせつの内容にもよりますが,この種の犯罪を行う少年は,性的嗜好に偏りがあったり,性に対する認識が歪んでいたりすることが多く見受けられます。そのため,弁護士が少年の問題点をしっかりと見抜き,適切な指導をしていくことが求められます。性的な問題というのは,保護者の指導だけではなかなか改善することができませんので,第三者である弁護士(付添人)を少年につけて,第三者の視点から指導・教育させることが適切だと思われます。

強制わいせつ事件の解決実績

中学生の少年が路上において被害者の太股などを直接触った後,被害者に怪我を負わせたとして強制わいせつ致傷で検挙された事件。

 本件では,事件が検察庁に送られる前の段階で,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。弁護士が弁護人として付いた時点では,少年は警察に対してうまく話ができていませんでしたが,弁護士のアドバイスにより,少年は事件について自分の考えをしっかりと話せるようになり,自分の行為が強制わいせつに当たる行為ではないことを説明できるようになりました。それに伴い,弁護士が捜査機関に対して,本件非行が強制わいせつ致傷に当たらない旨を述べたところ,検察官は本件の罪名を強制わいせつ致傷から公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反,傷害に変更しました。
 事件が家庭裁判所に送られてからは,少年は被害者の心情などを聞いて,自分の犯した非行を深く反省し,自分の問題点なども直視するようになりました。また,本件が衝動的に行われたものであったことから,少年の保護者は少年を専門の医療機関に通わせるようにしました。このような少年及び少年の保護者の姿勢を,弁護士が付添人意見書にまとめて,家庭裁判所に提出した結果,少年は家庭裁判所において,保護観察処分が言い渡され,少年院に収容されることはありませんでした。

強制わいせつ事件の解決実績

痴漢の前歴がある少年が電車内において被害者の陰部などを直接触った強制わいせつ保護事件。

 本件では,少年が検挙された直後から,当事務所の弁護士が少年の弁護人として付きました。弁護士は,すぐさま担当警察官と連絡を取り,逮捕の回避,少年が在籍する学校への連絡を行わないことを要請していきました。その結果,警察官は,少年を逮捕しない形の任意捜査で進めることを弁護士に伝え,学校への連絡もしないことを約束してくれました。その後,弁護士は被害者との示談交渉を進めていき,少年の反省の程度などを被害者側に具体的に説明していった結果,本件では無事に示談が成立しました。
 本件では,少年に前歴や余罪があったことから,観護措置(少年鑑別所収容)の可能性もありましたが,弁護士が少年が事件の時より更生していること,被害者との示談が成立していること,性犯罪治療の専門医療機関で治療を開始していることなどを裁判所に示していったため,観護措置は取られませんでした。また,家庭裁判所における調査の段階になってからは,少年が性犯罪治療の専門医療機関に通い,真剣に再犯防止に努めていることや少年の両親がしっかりと少年を指導・監督していることなどを弁護士が意見書の形で,調査官・裁判官に示していきました。その結果,家庭裁判所での審判では,
少年は保護観察処分となり,少年院に収容されることはありませんでした。

強制わいせつ事件の解決実績(否認事件)

 少年が,大学サークルの合宿で泊まっていたホテルの女子トイレ内において,被害者とされる女性に背後から抱きついて,その女性の乳房を揉むなどのわいせつ行為をした上,その女性が自分の部屋に戻ってからもわいせつな行為をしたとして強制わいせつに問われた事件。

 この事件では,少年は事件から半年ほど経ってから逮捕され,約1か月半もの間拘束されました。家庭裁判所送致前に,弁護士(弁護人)は少年の無実を証明する関係者の供述を証拠化して,検察官の説得を試みましたが,検察官は弁護人の意見に耳を傾けず,そのまま少年を東京家庭裁判所に送致しました。その後の審理の結果,東京家庭裁判所の審判において,少年には非行事実なし不処分決定(成人事件における無罪判決に相当する)が言い渡され,少年の無実が証明されました。家庭裁判所での審判後,少年は少年事件における補償請求を行い,国から身体拘束に対しての補償金を受け取りました。
 なお,本件については,少年が在籍する大学も事件のことを把握していましたが,少年の無実が証明されたため,少年は退学処分を免れることとなりました。

その他のメニュー

少年事件における示談について説明しております。

少年事件,刑事事件における国選弁護人,私選弁護人の違いについて説明しております。

少年事件における強姦罪(強制性交等罪)について解説しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,罪名別解説(少年事件)・強制わいせつ事件に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

少年事件について

Call: 0120-135-165