少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

少年事件専門の弁護士をお探しなら

弁護士法人
渋谷青山刑事法律事務所

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

少年審判の流れ

少年審判は,裁判官,書記官,少年,少年の保護者らが出席して行われます(付添人は,私選もしくは国選で弁護士が付いた場合には出席します。調査官は,事件によって出席する場合と出席しない場合とがあります)。
 ここでは,最終的な処分を決める少年審判の流れについてご説明いたします。

少年審判の流れ(犯罪事実を争わない事件)

審判の時間は区々ですが,犯罪事実に争いのない事件であれば,概ね1時間程度です。

人定質問・黙秘権の告知

   少年審判においては,基本的に裁判官が主導して進めていきます。まず,最初は,裁判官が少年の氏名や生年月日,住所,本籍などを聞いていき,裁判所に来ている少年がこれから審理する事件の当事者本人か確認します。
 その後,裁判官が少年に対して黙秘権の告知を行います。

犯罪事実の告知・少年及び付添人の意見陳述

 裁判官が審判で審理する犯罪事実について少年に告げます。そして,その後少年に対して,裁判官が犯罪事実に間違いがないかどうか確認します。少年に聞いた後,裁判官は少年の付添人にも意見を求めます。

裁判官から少年への質問

 ここからの流れは,事件によって区々ですが,基本的には裁判官が少年に対して事件のことについて聞いていきます。事件の内容にもよりますが,最初は事件そのものについて質問し,その後に,少年の事件以後の生活や審判後の生活の仕方など,少年の更生度合い(要保護性)を確認する内容について質問していきます。
 基本的には,裁判官が簡潔な質問を行い,それに対して,少年が簡潔に答えていくという流れになります。

裁判官から少年の保護者への質問

 裁判官から少年への質問が終了したら,裁判官が少年の保護者に対して質問していきます。質問の内容としては,少年の審判までの様子や少年の今後について保護者としてどう考えているかなどが聞かれます。

付添人・調査官からの質問

 付添人や調査官が審判に出席している場合には,付添人や調査官から少年及び少年の保護者に対して質問がなされます。内容としては様々ですが,審判までに気づいた少年の問題点などに関する質問が多いです。

少年の最終陳述

 裁判官,付添人,調査官からの質問が終了すると,裁判官から少年に対して,最後に言っておきたいことがないか聞かれます。処分が言い渡される前に少年が発言する最後の機会となります。

最終的な処分の告知及び説明

 少年の最終陳述の後,裁判官は少年に対して,最終的な処分を言い渡します。ここで,少年院送致を言い渡された場合には,審判から数日中に少年院に行くことになります。また,保護観察処分,不処分が言い渡された場合には,審判の日にそのまま家に帰れることになります。
 あまりケースとしては多くはないですが,試験観察といって一定期間少年の様子を見るという処分が下されることもあります。在宅試験観察の場合には,少年は家に帰ることはできますが,最終的な判断はまだ出されていないことになりますので,数ヵ月後にまた審判が開かれることになります。

家庭裁判所の情報

東京家庭裁判所

〒100-8956 東京都千代田区霞が関1丁目1番2号
電話:03-3502-8311
最寄駅:地下鉄丸ノ内線霞が関駅

東京家庭裁判所立川支部

〒190-8589  東京都立川市緑町10番地4号
電話:042‐845-0365
最寄駅:JR中央線立川駅,多摩都市モノレール高松駅

横浜家庭裁判所

〒231-8585 神奈川県横浜市中区寿町1丁目2番地
電話:045-345-3505
最寄駅:JR京浜東北線関内駅,石川町駅

横浜家庭裁判所川崎支部

〒210-8537  神奈川県川崎市川崎区富士見1丁目1番3号
電話:044-222-1315
最寄駅:JR東海道本線川崎駅

さいたま家庭裁判所

〒330-0063  埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目16番45号
電話:048-863-4111
最寄駅:JR京浜東北線浦和駅

千葉家庭裁判所

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目11番27号
電話:043-222-0165
最寄駅:千葉都市モノレール県庁前駅

少年の処分の内訳(平成28年度司法統計年報)

 人員
審 判 不 開 始32,60745.5

不   処   分

15,22321.2
児童相談所長送致等1490.2
保  護 観  察

16,408

22.9
児童自立支援施設等送致1800.3
少 年 院 送 致2,6163.6

 

 検察官送致

刑事処分相当2,810

3.9

年  齢  超  過

1,695

2.4
71,688

注 移送・回付及び従たる事件として計上されている数値は除外した。

鑑別判定を受けた少年の審判結果(平成29年犯罪白書)

 

 

 

 

鑑 別

判 

審  判  決  定  等
終   局   決  定末   了

 

 

 

その他

保 護 処 分

 

知事・児童相談所長送   致

 

検察官送  致

 

審判不開始・不処分

 

観護措置  の

取  消

 

試 験

観 察

 

 保  護

 観  察

 

少年院送   致

児  童 自
立支援施設・児童養護施設送      致

総   数

(6,957)

2,856

2,5351724462561571,0732

注 1  矯正統計年報による。
    2  観護措置(少年鑑別所送致)及び勾留に代わる観護措置により入所し,かつ,平成28年に退所した者(ただし,
   鑑別の判定が保留,判定未了等の者を除く。)を計上している。
    3
 「その他」は,観護措置変更決定等である。
  4 ( )内は,鑑別の判定ごとの審判決定等別構成比である。

その他のメニュー

少年院について説明しております。

少年事件における否認事件の弁護活動について説明しております。

少年事件・刑事事件における国選弁護人と私選弁護人との違いについて説明しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,少年審判の流れに関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

Call: 0120-135-165