少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

平成31年度・令和元年度の主な少年事件解決実績

少年事件の主な解決実績

 こちらでは,平成31年度・令和元年度(平成31年4月から令和2年3月)に当事務所の弁護士が解決した少年事件,お客様の声の一部を紹介しております(お客様の声については,個人情報の関係であえて抽象的な表現に変更させていただいているものもあります)。

 痴漢の前歴が2件あった少年が電車内において女性のお尻を服の上から触った迷惑行為防止条例違反(痴漢)事件。

 この事件では,少年が警察に検挙された段階で,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。弁護士は,すぐに警察に電話をして,被害者と示談交渉したい旨を伝えました。その結果,事件が検察庁に送られる前に,弁護士は被害者と接触することができ,無事に示談が成立しました。
 その後,事件は検察庁に送られ,家庭裁判所へと送られていきました。少年は,本件で3回目の検挙(いずれも迷惑行為防止条例違反)であったため,事件が家庭裁判所に送致された段階で,少年鑑別所に収容される可能性もありました。しかし,付添人となった弁護士が家庭裁判所に対して,少年に観護措置(少年を少年鑑別所に収容する措置)を取らないように要請する意見書を出した結果,裁判所は付添人の意見を聞き入れ,少年に対して観護措置を取りませんでした。
 少年は,家庭裁判所に送られて以降,性嗜好の問題を解消するため,専門の医療機関に通院したり,自分の問題点について深く考察したりしていきました。また,少年の両親も少年が再び非行を起こさないように指導監督していきました。その結果,裁判所は少年を在宅試験観察処分にして様子を見た上で,約4ヵ月後に少年に対して保護観察処分を言い渡しました。少年は事件当時大学生でしたが,保護観察処分になった結果,大学を退学せずにすみました。

その他のメニュー

弊所の弁護士費用について説明しております。

弊所の解決実績,お客様の声について紹介しております。

平成30年度の解決実績について紹介しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,平成31年度・令和元年度の少年事件に関する解決実績,お客様の声のページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

少年事件について

Call: 0120-135-165