少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

少年事件専門の弁護士をお探しなら

弁護士法人
渋谷青山刑事法律事務所

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

成人の刑事事件と少年事件との違いについて

ここでは,成人の刑事事件とは異なる少年事件の主な特徴についてご説明いたします。

少年事件には,起訴猶予による不起訴処分に相当する制度はありません。

 成人の刑事事件においては,犯罪の内容が軽微であったり,被害者との間で示談が成立したりした場合には,被疑者が被疑事実を行ったことが認められても,検察官が被疑者を起訴猶予という形で不起訴処分にすることがあります。この場合,事件は地方裁判所などに送られることはなく,その事件で刑事事件としては終了します。
 しかし,少年事件の場合には,このような制度はなく,原則として,すべての少年事件は警察・検察から家庭裁判所に送られることになっています(全件送致主義)。そのため,犯罪の内容が軽微であったり,被害者と示談したりしたとしても,すぐに事件が終了するということは基本的にありません。
 もっとも,検挙された事件について,捜査の結果,少年に犯罪の嫌疑がないと判断された場合には,嫌疑なし・嫌疑不十分を理由として,事件が家庭裁判所に送致されないことはあります。

少年事件には,原則として保釈制度はありません。

 成人の刑事事件においては,検察官が裁判所に公判請求した段階で,身体拘束を受けている被告人や弁護人が保釈請求することができます。この保釈請求が通れば,被告人は警察署や拘置所から釈放されることになります。
 しかし,少年事件においては,事件が家庭裁判所に送致されたとしても,保釈請求することはできません。ですから,保釈保証金を納めれば,釈放になるということはありません。少年が逮捕・勾留されている事件に関しては,家庭裁判所に送致されると同時に,観護措置(少年鑑別所に収容すること)が採られることが多くなっていますが,この観護措置を回避するためには,観護措置の審判の前に意見書を提出して裁判官に観護措置決定をしないように求めるか,観護措置取消申立て,観護措置決定に対する異議申立てをするしかありません。
 なお,捜査段階については,少年事件であっても成人の刑事事件であっても同様ですので,検察官に対して勾留請求を回避するように求めたり,裁判官に対して勾留請求を却下するように求めたりすることはできます。

少年事件では,原則として公開の裁判は開かれません。

 成人の刑事事件においては,事件が検察官より裁判所に公判請求されれば,ドラマでよく見るような傍聴人がいる公開の裁判が開かれることになります。
 しかし,少年事件においては,逆送の手続が採られるなどの例外的な場合でない限り,公開の裁判が開かれることはありません。少年事件については,地方裁判所ではなく,家庭裁判所で取り扱われ,最終的な処分を下す際には,非公開の審判が開かれることになります。そこでは,原則として,裁判官,書記官,調査官,付添人,少年,保護者以外の人間はいません。

少年事件では,裁判所が全ての事件記録を見ることができます。

 成人の刑事事件においては,事件が検察官より裁判所に公判請求されても,事件記録は検察官が証拠として請求すべきと判断した証拠しか裁判所が目にすることはありません。また,第1回公判期日が始まるまで,裁判所は検察官が請求する予定の証拠を見ることはできません。
 しかし,少年事件においては,検察官が事件を家庭裁判所に送致する段階で持っていた事件記録の全てが裁判所の手元に行きます。そして,裁判所はその事件記録をすぐに見ることができます。そのため,事件が家庭裁判所に送致された段階で,付添人が付いていない場合には,裁判所は,警察や検察が作成した捜査機関に有利な証拠しか目にしないことになってしまいます。

その他のメニュー

少年事件の流れについて説明しております。

少年事件の基礎知識について説明しております。

少年鑑別所について説明しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,成人事件と少年事件の違いに関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

Call: 0120-135-165