少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

少年事件の付添人について

少年事件付添人

 少年事件では,大きく分けて捜査段階と審判段階に分かれます。捜査段階の流れは,成人の刑事事件でも少年事件でも大きく変わりませんが,審判段階の流れは成人の刑事事件と全く異なる流れになります。審判段階とは,少年が家庭裁判所に送られてから審判が出るまでの段階を言いますが,この段階では少年は家庭裁判所の調査官等の調査を受けることになり,成人のように取調べ等の事情聴取が基本的になくなるということはありません。このような手続において,重要になってくるのが付添人(弁護士)の存在です。
 この付添人は,少年のパートナーとして,少年に寄り添い,少年の権利を守っていく人のことをいいます。付添人には,弁護士以外の人もなれると規定されていますが,一般的には弁護士が付添人になることがほとんどです。

 付添人は,まず弁護人としての役割,すなわち少年の権利を守って行く役割を担っています。具体的には,少年が身体拘束されている場合(例:少年が少年鑑別所に収容されている場合など)には,付添人が少年と面会し,少年に黙秘権等の権利を伝え,自分にとって不利な内容の書面を作られないようにアドバイスしていきます。また,少年は未熟なため,自分の主張したいことをうまく表現できていないこともあるので,少年にどう伝えればいいのかアドバイスしたり,付添人が少年に代わって説明したりします。
 また,付添人は,少年の更生にとって最もいい処分を家庭裁判所に出してもらうため,少年の生活環境を調整したり,被害者などとの関係調整を行なったりする役割を担っています。具体的には,付添人が少年の保護者や少年が通う学校の教師,勤務先の社長,保護司等と連携を取り,少年が更生するために必要な環境を具体的に整えていきます。そして,少年がこれまで非行を行ってきたことの要因となるもの(例:不良少年達との交友や反社会的な組織との接触など)を取り除いていく手助けをしていきます。さらに,被害者の処罰感情を緩和させるため,被害者に被害弁償をしたり,示談交渉を行ったりします。

 成人の刑事事件においても,弁護人の存在は非常に重要ですが,成人よりも未熟な少年の少年事件においては,より付添人(弁護士)の存在は重要になります。近年法改正がなされ,国選付添人が付けられる範囲が拡大しましたが,少年事件のすべてにおいて付添人が付くわけではありません。そのため,少年の更生にとって最もいい処分を家庭裁判所に出してもらうことをお考えなら,事件が家庭裁判所に送られた段階で,弁護士を付添人として選任することをお勧めします。

その他のメニュー

弊所の弁護士費用について説明しております。

渋谷青山刑事法律事務所に寄せられるよくあるご質問について説明しております。

少年審判の流れについて説明しております。

無料電話相談はこちら

無料電話相談

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,少年事件における付添人に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

無料電話相談

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

弁護士紹介

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

少年事件について

Call: 0120-135-165