少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

触法事件(14歳未満の少年)について

触法事件(14歳未満の少年事件)について

刑法では,14歳未満の少年には刑事責任能力がないとされているため,少年事件においても,14歳以上の少年とは異なる取扱いをされています。この14歳未満の少年事件,すなわち,14歳未満の少年が刑罰法令に触れる行為をした事件のことを触法事件といいます。
 この触法事件の場合,まずは警察官が事件の調査を行い,その結果,少年の行為が一定の重大な罪に係る刑罰法令に触れるものであると思料する場合などには,事件を児童相談所長に送致する流れになります。警察官は,調査において,少年に対し,触法事件の対象となる事実やその動機,少年の生活環境などについて聞いていくことになります(この点について,14歳未満の少年は警察での拘束や事情聴取を受けないとの誤解がありますが,現実的には,「捜査」ではなく「調査」という名目で,14歳以上の少年と同じように警察での拘束や事情聴取を受けることになります)。
そして,その後,児童相談所長に送致された事件については,児童相談所の職員が少年や少年の保護者から話を聞いていくことになります。児童相談所は,そこで聞いた内容や警察の調査結果などを総合して,少年を家庭裁判所の審判に付することが適当であると認めた場合には,少年を家庭裁判所に送致することになります(一定の重大な罪に係る刑罰法令に触れる行為を行った触法少年に関しては,原則として家庭裁判所に送致されることになります)。
 触法事件が家庭裁判所に送致されて以降は,一般的な少年事件とほぼ変わらない流れとなります。

 触法事件の場合には,14歳未満の少年が逮捕という形で身柄拘束されることはありませんが,児童相談所の一時保護という形で身柄拘束されることはあります。一時保護の期間は,法律によって原則2ヶ月以内と定められていますが,少年の状況によって,2ヶ月より短くなることも長くなることもあります。また,触法事件の場合であっても,警察は事件の調査で必要がある場合には,押収,捜索,検証,鑑定嘱託ができると定められており,事件によっては,警察が家に突然やって来て,家宅捜索を行う可能性もあります。

一般的な少年事件の流れ

触法事件は,早い段階で,経験がある弁護士に任せた方がいい

 触法事件では,警察や児童相談所との対応を間違ってしまうと,少年が一時保護により身体拘束される可能性が上がってしまいます。また,児童相談所から家庭裁判所に事件が送られてしまい,少年がそのまま少年鑑別所に収容されてしまいます。そのため,早い段階で弁護士を付添人として選任することが望まれます。
 ただ,触法事件の付添人を経験している弁護士はあまり多くないため,弁護士によっては,適切なアドバイスができない場合があります。もし,お子様が触法事件で調査を受けている場合には,触法事件の付添人経験のある弁護士に相談し,今後の方針などをしっかり決めた上で,警察や児童相談所に対応することをお勧めします。

解決実績

 事件当時13の少年が,電車内で痴漢をし,現行犯逮捕され,児童相談所により一時保護された,公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢)触法事件(14歳未満の少年は刑事処罰の対象とはならないため,触法事件となる)。

 依頼を受けた際にはほとんど情報がなかったため,付添人は,まずは直ぐに児童相談所へ行き,本人と面会をし,状況を把握しました。その上で,警察を通じて被害者に対して謝罪の意を伝えたところ,被害者から,加害者は低年齢ということもあるので今後きちんと更生してくれるなら厳罰は求めないとの言葉をいただきました。付添人は,その後,児童相談所へ何度も面会に行き,児童相談所の職員と交渉をした結果,児童相談所指定のプログラムを受けることと,誓約事項を守ることを条件に,一時保護を解除してもらいました。
本件は一時保護をされてしまったため,少年の通う中学校にも少年が本件行為を行ったことが知られてしまいました。付添人は,一時保護解除後に直ぐに少年の通う中学校に行き,本件行為やその背景事情を説明すると共に,少年の更生のためには今後も中学校へ残りきちんとした学校生活を送っていくことが必要だと説明しました。その結果,中学校は少年の更生を重視し,少年に特に処分を下すことなく,事件前と同様に中学校へ通うことを許しました。
付添人は,一時保護解除後も,少年を指導し,誓約事項を守らせると共に児童相談所のプログラムをきちんと受けさせました。その結果,プログラムが終了したことを機に,児童相談所により措置解除決定が成され,本件は家庭裁判所に送致されることなく終了しました。

少年の母親

有原先生が親身に対応してくれました

 子どもが事件を起こし,目の前が真っ暗になりました。
たまたまHPを見つけ,藁にもすがる思いでご相談させて頂きました。学校を退学になる事も無く,以前の様な生活を送れているのは,有原先生が親身になって対応して下さったからだと思います。本当に感謝しております。

 二度とこの様な事が無い様にしっかり監護していく所存です。この度は,本当にありがとうございました。

解決実績

13歳の少年が路上において女子児童の体を触るなどした強制わいせつ触法事件(14歳未満の少年は刑事処罰の対象とはならないため,触法事件となる)。

 少年には同様の余罪があったため,警察からの通告により,事件は児童相談所に送られ,児童相談所において,少年は一時保護されました。弁護士(付添人)は,児童相談所段階から付添人として付き,少年に対して触法行為の罪の大きさなどを理解させていきました。
 その後,少年は,家庭裁判所に送られ,少年鑑別所に収容されることとなりましたが,弁護士が被害者の一部と示談し,少年が社会復帰した場合の生活環境を整えていったことから,最終的に,少年は家庭裁判所において,保護観察処分が言い渡され,少年院や児童自立支援施設に収容されることはありませんでした。

 なお,本件については,少年が在籍する中学校も事件のことを把握しておりましたが,中学校も少年の更生に協力する態度を示し,少年を転校させるなどの措置を取りませんでした。

解決実績

13歳の少年が学校内において女子児童の胸を直接触るなどした準強制わいせつ触法事件(14歳未満の少年は刑事処罰の対象とはならないため,触法事件となる)。

 本件は,警察から児童相談所に事件が送られ,その後家庭裁判所へと送られました。弁護士は,事件が家庭裁判所に送られる前の段階で付添人として付き,少年に対して自己の問題点等を改めて認識させ,反省を深めさせていきました。その結果,少年は児童相談所の一時保護は免れました。
 その後,少年は,家庭裁判所に送られましたが,弁護士が裁判所に対して観護措置(少年鑑別所収容)回避の意見書を提出し,少年に観護措置を取る必要性がないことを説明した結果,裁判所は少年を鑑別所に収容することはありませんでした。審判においては,付添人が少年及び少年の両親に対して本件の重大性を理解させたことにより,少年及び少年の両親が本件を直視し,再犯防止のための体制を整えていったことなどが評価され,最終的に,少年は家庭裁判所において,児童相談所長送致処分が言い渡され,少年院や児童自立支援施設に収容されることはありませんでした。

その他のメニュー

少年事件の流れについて説明しております。

ぐ犯事件(罪を犯すおそれのある少年の事件)について説明しております。

成人事件と少年事件の違いについて説明しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,触法事件(14歳未満の少年事件)に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

Call: 0120-135-165