少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

家庭裁判所調査官について

少年事件付添人

 少年事件では,警察・検察の捜査を経て,家庭裁判所に事件が送致されます。家庭裁判所では,裁判官が少年に非行事実があるかどうかを判断することになりますが,それと並行して少年の内面や生活環境等の問題点について調査をしていくことになります。この調査を担当するのが,家庭裁判所の調査官になります。調査官は裁判官と異なり,調査官自体が処分を決めることはありませんが,裁判官に対して処分に関する意見を伝えるため,非常に重要な役割を担っています。特に,非行事実を争わない少年事件では,この調査官とのやり取りがメインになり,少年事件の処分を決めるうえで重要な意味を持ちます。
 家庭裁判所の調査官は,少年の事件記録を読んだうえで,少年と面会し,事件の内容や経緯を聞いていきます。そして,少年のこれまでの生い立ちや現在の家庭環境,学校などでの生活状況を確認していきます。また,調査官は少年だけでなく少年の保護者に対しても調査を行っていきます。このような調査を踏まえた上で,調査官は裁判官に対して少年の処分に関する意見を伝えることになります。

 家庭裁判所の調査官は,警察官や検察官と比べて女性の割合が多く,比較的少年が話しやすいと感じる人が多い傾向にあります。もっとも,付添人の弁護士が付いていない事件では,調査官の調査結果がそのまま裁判官に採用されてしまうことも多いため,少年がしっかりと考えずに調査官と話してしまうと,反省が感じられないと評価され,重い処分が下されてしまう可能性もあります。

二宮英人-代表弁護士

代表弁護士:二宮 英人
(東京弁護士会所属)

弁護士登録をして以降,少年事件・刑事事件を専門分野に活動している。これまでに100件以上の少年事件で弁護人・付添人を務め,少年事件・刑事事件共に多くの解決実績を有する。

主な解決実績
・強制わいせつ事件における非行事実なし
 不処分決定
・再度の保護観察中の傷害事件における
 不処分決定,など

その他のメニュー

付添人

少年事件における付添人について説明しております。

少年鑑別所

少年鑑別所について説明しております。

少年審判の流れについて説明しております。

無料電話相談はこちら

無料電話相談

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜,祝日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,少年事件における家庭裁判所調査官に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

無料電話相談

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

二宮英人-代表弁護士

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

少年事件について

Call: 0120-135-165