少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

少年事件専門の弁護士をお探しなら

弁護士法人
渋谷青山刑事法律事務所

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

器物損壊(少年事件)

こちらでは,少年事件における器物損壊罪について解説していきます。

器物損壊について

 器物損壊罪でいうところの損壊とは,物本来の効用を失わしめる行為をいいます。そのため,物自体を破壊していなくても器物損壊罪が成立することはあります。判例では,看板を取り外して空き地に投げ捨てた行為やポスターにシールを貼った行為なども器物損壊の損壊に当たるとされています。また,動物に対して,危害を加える行為を行うことも器物損壊罪に当たります(例:池で泳いでいる鳥に対してボーガンで射る行為など)。器物損壊罪については,刑法第261条で規定されています。
 なお,建物を物理的に毀損したり,その効用を滅却・減損したりした場合(例:建造物の窓ガラスに大量にビラを貼る行為など)には,建造物損壊罪が成立します(刑法第260条前段)。

刑法第261条(器物損壊等)

 前3条に規定するもののほか,他人の物を損壊し,又は傷害した者は,3年以上の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。

刑法第260条前段(建造物等損壊)

 他人の建造物又は艦船を損壊した者は,5年以下の懲役に処する。

器物損壊事件の具体的な態様

 器物損壊罪については,少年事件であっても成人事件と同様に,自分の感情を上手くコントロールできずに物に当たってしまって,器物損壊罪になってしまうというケースが多く見受けられます。また,少年であるにもかかわらず,酒に酔った勢いで事件を起こしてしまうパターンや仲間に囃し立てられて事件を起こしてしまうパターンも多いように思います。その他では,いたずら・嫌がらせ目的で,他人の自転車や携帯電話などを川に投げ捨てるなどの行為が器物損壊罪に当たります。
 器物損壊罪の場合には,法定刑もそれほど重くなく,少年が行った行為自体,他の犯罪と比べて悪質とまではいえない場合も多いため,少年が罪の意識を持ちにくい面があります。確かに,器物損壊罪だけで事件化されても,最終的な処分として,審判が開かれなかったり,審判が開かれても不処分になったりすることも多くあります。しかし,このような少年の行為は,少年の精神面と直結しており,早い段階で少年の問題点を見つけてあげて,改善していかなければ,大きな事件につながりやすいところがあります。また,上記の例でも見たように,少年が悪い仲間とつるんで器物損壊行為をしたり,飲酒の上で器物損壊行為をしたりした場合には,犯罪行為そのものだけでなく,少年の交友関係や生活態度なども加味して,家庭裁判所が重い処分を下すことはありますので,注意が必要です。

器物損壊,被害対象別認知件数(平成26年犯罪白書)

総  数建造物の関連物車  両自動販売機看  板動植物その他

140,802

(100.0)

39,211

(27.8)

82,865

(58.9)

1,355

(1.0)

2,057

(1.5)

869

(0.6)

14,445

(10.3)

注 1 警視庁の統計による。
    2 信書隠匿を除く。
  3「建造物の関連物」は,家屋及び建造物の塀・壁,ドア・扉,窓等をいう。  
  3( )内は,構成比である。

器物損壊事件の弁護のポイント

 器物損壊罪の場合,初犯の少年がいきなり逮捕・勾留される可能性はそれほどありません。しかし,少年の器物損壊行為の回数が非常に多かったり,少年の生活態度や交友関係が悪かったりすると,器物損壊罪であっても逮捕・勾留されることはあります。器物損壊事件では,当初警察は在宅事件として扱おうとしていたけれども,少年の態度が悪すぎたために,逮捕されてしまうといったケースもありますので,早い段階で弁護士に相談して今後の対応を検討した方がいいでしょう。また,逮捕・勾留されてしまったとしても,捜査段階で弁護士が弁護人として付いて弁護活動を行っていけば,少年に対して観護措置(少年鑑別所に収容すること)が取られない可能性は十分にあるので,捜査段階で弁護人を付けて,弁護士に観護措置回避の意見書を出してもらうなどの弁護活動をしてもらった方がいいでしょう。
 器物損壊事件の場合には,被害者に財産的被害が出ているため,弁護士を通して,被害者に対して被害弁償をすることが重要になってきます。この被害弁償については,犯人や犯人の家族が直接行うケースもありますが,事件によっては,被害者が経済的な損失以上に少年の犯行に対して怒りを感じている場合もありますので,直接の交渉はあまりお勧めできません。弁護士に頼んで,被害者と示談できれば,少年の身柄が拘束される可能性,最終的な処分で少年が重い処分になる可能性が格段に下がりますので,弁護士を間に入れて,示談交渉を行っていくのがいいでしょう。
 また,器物損壊事件では,事件の際に飲酒をしている場合や不良仲間と交友している場合などがよく見受けられますので,少年に規則正しい健全な生活を送らせ,少年の人間関係を健全なものに変えていくていくことが重要になります。そうすることによって,少年の問題点が解消され,再非行の可能性がなくなっていくことになります。

器物損壊事件の解決実績

 これまでにも前歴を有する少年が友人らと酒に酔った勢いで路上にある喫茶店の看板と美容室のガラスを破壊した器物損壊事件

 この事件で,少年は器物損壊の容疑で逮捕されましたが,酔いがさめてからは冷静になり,自分の起こしたことについて深く反省していました。弁護士(弁護人)は,喫茶店と美容室の両方の被害者と示談交渉し,少年の謝罪の気持ちを伝えたところ,両方とも示談が成立しました。また,少年は仕事をしていましたが,弁護士が職場の上司に連絡して,事件の内容や少年が反省していることなどを伝えた結果,少年はそのまま解雇されずに働き続けることができました。
 少年は,逮捕・勾留されたものの,弁護士が家庭裁判所に意見書を提出し,少年が生活態度を改める強い決意があることを訴えたところ,東京家庭裁判所立川支部は少年に対して観護措置をとらず,少年は鑑別所に行くことはありませんでした。最終的には,少年は家庭裁判所の審判で保護観察処分となりました。

その他のメニュー

保護観察処分及び保護司の役割などについて説明しております。

少年事件における軽犯罪法違反について解説しております。

少年事件における交通犯罪について解説しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,罪名別解説(少年事件)・器物損壊事件に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

少年事件について

Call: 0120-135-165