少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

神奈川県の犯罪情勢

こちらでは,神奈川県の犯罪情勢について紹介しております。

<神奈川県の犯罪情勢>(平成28年を参照)

       神奈川県         (トップ5)

総 数

 

凶悪犯   (強盗,   放火等)

粗暴犯   (暴行,傷害,恐喝等)

 知能犯   (詐欺等)

 風俗犯   (強制わいせつ等)
横浜市21,2791141,7691,184218

川崎市

9,17753634384110
相模原市5,2442834914369
藤沢市3,115121977028
厚木市2,370121255113

平成28年の刑法犯認知件数は,前年比10万2849件減の99万6120件でした。このうち神奈川県の犯罪認知総件数は5万8127件という結果でした。市区町村別で見ると,横浜市,川崎市,相模原市,藤沢市,厚木市の順になりました。犯罪別で見ると,窃盗犯がトップで,4万3365件もありました。
 少年非行という観点から見ると,平成28年中に神奈川県内において,非行少年(犯罪少年,触法少年,ぐ犯少年)として検挙・補導された少年は3,276人でした(前年と比べて,666人の減少)。ちなみに,刑法犯で検挙・補導された少年は,2,731人で,全国3位の数字となっています。

<神奈川県の少年事件の傾向>(神奈川県警察ホームページ「STOP!THE少年非行(平成28年)」)

 神奈川県内の少年事件の傾向として,非行少年は減少していますが,不良行為少年(非行少年には該当しないが,飲酒,喫煙,深夜徘徊,その他自己または他人の徳性を害する行為をした少年)については,平成27年よりも増加しています。検挙・補導された少年を,学校・職業別で見ると,高校生が最も多く,中学生と高校生とで全体の70.8%を占めています。
 刑法犯の犯罪別に見ていきますと,万引き(762人),占有離脱物横領(374人),自転車窃盗(303人),オートバイ窃盗(220人),傷害(194人)の順になっています。少年の街頭犯罪(路上強盗,ひったくり,自動販売機窃盗,車上ねらい,部品ねらい,自動車窃盗,オートバイ窃盗,自転車窃盗)という観点から見ると,オートバイ窃盗,自動販売機窃盗,部品ねらいは少年が占める割合が高くなっています。
 特別法犯に関しては,軽犯罪法違反,迷惑行為防止条例違反が多くなっています。また,最近の傾向として,児童買春・児童ポルノ禁止法違反も増えてきています。

<神奈川県の少年事件検挙事例>(ニュース記事より)

・神奈川県警少年捜査課と栄署は,ツイッターに売春相手を募集する投稿をしたとして,売春防止法違反(勧誘)容疑で,住所不定、アルバイトの少女(16)を逮捕した。同課によると,同容疑で少女が逮捕されるのは珍しいという。逮捕容疑は2014年12月~15年2月,当時高校の同級生だった別の少女と共謀して,ツイッターに「2人同時に会える人募集」などと投稿し,売春相手を募った疑い。(時事通信)
⇒弁護士のコメント:最近の少年事件の大きな特徴の一つとして,インターネット,SNSを利用した犯罪が増えているというものがあります。子供のインターネット利用,SNS利用をどこまで制限するかは難しいところではありますが,保護者が全くその点に干渉しないというのは非常にまずいと思われます。

・神奈川県警少年捜査課などは,児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の容疑で,同県小田原市の無職少年(19)を書類送検した。送検容疑は,(2014年)7月下旬と今月18日の2回,同市内の公園2カ所で水遊びをして着替えていた女児6人をスマートフォンで盗撮し,画像や動画など計17点を保存したとしている。「5~8歳くらいの女の子を盗撮したことに間違いない」と容疑を認めている。(産経ニュース)
⇒弁護士のコメント:スマートフォンの普及により,少年の盗撮事件が近年増えてきました。スマートフォンで,すぐに盗撮できることで,犯罪のハードルが低くなったことが大きな要因と思われます。また,LINEなどのSNSで,18歳未満の女子児童の裸の画像などを送らせて,児童買春・児童ポルノ禁止法で逮捕されるケースも増えています。少年の中には,これらの行為の違法性をあまり認識していない子も多いので,保護者がきちんと少年に指導しておくことが大事になってきます。

・知人の少年を強制的にホストとして働かせようと監禁して暴行を加えたなどとして、神奈川県警少年捜査課は職業安定法違反と監禁致傷の容疑で、同県座間市の塗装工(20)ら男3人と、横浜市鶴見区のアルバイトの少年(17)を逮捕した。4人とも容疑をおおむね認めている。逮捕容疑は、1月20日午後10時半ごろ、共謀して横浜市栄区内の駐車場で、同区に住む県立高校1年の男子生徒(16)を「30万円払え」などと脅迫し、顔面を殴るなどの暴行を加えてけがをさせたうえに、東京のJR新宿駅南口付近まで移動する約2時間半の間、車内に男子生徒を監禁。ホストなどとして働かせるため、スカウトマンに紹介したとしている。同課によると、事件翌日、少年が帰宅しなかったことから両親が栄署に行方不明者届を提出。同30日に横浜市内にいたところを同署員に保護され、その後の少年の話から事件が発覚したという。(産経ニュース)
⇒弁護士のコメント:少年事件の大きな特徴として,集団で集まることによって,行為がエスカレートしてしまうということがあります。この事件のように,何らかのトラブルから,被害者に怪我を負わせてしまったり,監禁してしまったりというケースはよくありますので,注意が必要です。

<神奈川県の裁判所>

裁 判 所所 在 地電 話
横浜地方裁判所

〒231-8502

神奈川県横浜市中区日本大通9

045-345-4103
横浜簡易裁判所

〒231-0021

神奈川県横浜市中区日本大通9

045-662-6971
横浜家庭裁判所

〒231-8585

神奈川県横浜市中区寿町1-2

045-345-3505

横浜地方裁判所

川崎支部

〒210-8559

神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-3

044-233-8171

横浜家庭裁判所

川崎支部

〒210-8537

神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-3

044-222-1315
川崎簡易裁判所

〒210-8559

神奈川県川崎市川崎区富士見1-1-3

044-233-8174

横浜地方裁判所

相模原支部

 

 

〒252-0236

神奈川県相模原市中央区富士見

6-10-1

042-755-4681

横浜家庭裁判所

相模原支部

042-755-8661
相模原簡易裁判所042-752-2009

横浜地方裁判所

小田原支部

 

 

〒250-0012

神奈川県小田原市本町1-7-9

046-522-6186

横浜家庭裁判所

小田原支部

046-522-6586
小田原簡易裁判所046-522-6186

 

神奈川簡易裁判所

〒221-0822

神奈川県横浜市神奈川区西神奈川

1-11-1

 

045-321-8045

 

保土ヶ谷簡易裁判所

〒240-0062

神奈川県横浜市保土ヶ谷区岡沢町239

 

045-331-5991

鎌倉簡易裁判所

〒248-0014

神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-23-22

046-722-2202
藤沢簡易裁判所

〒251-0054

神奈川県藤沢市朝日町1-8

046-622-2684
平塚簡易裁判所

〒254-0045

神奈川県平塚市見附町43-9

046-331-0513
厚木簡易裁判所

〒243-0003

神奈川県厚木市寿町3-5-3

046-221-2018
横浜地方裁判所
横須賀支部


〒238-8510
神奈川県横須賀市新港町1-9
 
046-823-1905
横浜家庭裁判所
横須賀支部
046-825-0569
横須賀簡易裁判所046-823-1907

<神奈川県の検察庁>

本庁・支部

区検察庁

所 在 地電 話

 

 

 

 

 

 

横浜地方検察庁 

本庁

横浜

〒231-0021

神奈川県横浜市中区日本大通9

045-211-7600

 

神奈川

〒221-0822

神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-11-2

 

045-323-1951

 

保土ヶ谷

〒240-0062

神奈川県横浜市保土ヶ谷区岡沢町239

 

045-331-5993

鎌倉

横浜地方検察庁内

045-211-7600
藤沢

〒251-0054

神奈川県藤沢市朝日町1-7

046-622-2685

横浜地方検察庁

川崎支部

 

川崎

〒210-0012

神奈川県川崎市川崎区宮前

12-11

 

044-244-0141

横浜地方検察庁

相模原支部

 

 相模原

〒252-0236

神奈川県相模原市中央区富士見6-10-10

 

042-752-2010

 

 

横浜地方検察庁

小田原支部

小田原

〒250-0012

神奈川県小田原市本町1-7-1

046-523-0175
平塚横浜地方検察庁小田原支部内046-523-0175
厚木

〒243-0003

神奈川県厚木市寿町3-5-1

046-221-1674
  横浜地方検察庁
   横須賀支部
横須賀

〒228-8540
神奈川県横須賀市新港町1-8

046-823-1588

 

 

 

神奈川県の少年事件の解決実績

強制わいせつ致傷保護事件で,犯罪事実を争った結果,少年の主張が認められ,検察官が嫌疑不十分として事件を家庭裁判所に送致しなかった事例

 少年がラインで知り合った中学生に対して建物のトイレ内において無理矢理わいせつ行為を行い,その結果,怪我を負わせたとされた強制わいせつ致傷保護事件(裁判員裁判対象事件)。

 少年は,神奈川県警に逮捕された当初から,本件については,相手との間に同意があったことを主張し,暴行や脅迫も一切なかったと主張して,犯行を否認していました。弁護士(弁護人)は,少年の主張が具体的で十分に信用できる内容であったため,弁護士作成の供述調書を作成し,少年の早期釈放を求めました。その後も,弁護士が少年と頻繁に接見し,取調べにおける注意事項などを細かくアドバイスしていきました。検察官(横浜地方検察庁)の最終処分の前に,弁護士が少年が無実であることを訴える意見書を作成し,それを提出した結果,検察官は,本件について強制わいせつ致傷罪は成立しないとして,事件を家庭裁判所に送りませんでした(嫌疑不十分による家裁不送致)。
 なお,少年にはその他に余罪があったため,余罪については,横浜家庭裁判所に送致されましたが,強制わいせつ致傷罪が家裁不送致となったため,観護措置(鑑別所に行くこと)は採られませんでした。
最終的には,余罪の関係でも保護観察処分となり,少年院送致は免れました。また,事件については,大学に連絡が行かないようにしたため,少年は大学に復学することができました。

同種前歴で保護観察中の少年が起こした窃盗保護事件で,再度の保護観察処分を獲得

 少年がアルバイト先の金庫からお金を持ち去った窃盗保護事件。

 少年は,本件の半年ほど前に,窃盗罪(万引き)で保護観察処分を受けており,本件を起こしたときにも保護観察中でした。少年は,本件で神奈川県警により逮捕され,その後横浜少年鑑別所へ行くこととなりましたが,少年は警察署や鑑別所に拘束されている期間に,自分の欲求のコントロールの仕方を学び,本件を深く反省するようになっていきました。それを受けて,弁護士(付添人)が調査官・裁判官に対して,少年が少年院に行かなくても社会において更生できる体制が整っていることを伝えていきました。また,弁護士(付添人)が被害にあったアルバイト先に赴き,被害弁償を行い,その結果,最終的には,横浜家庭裁判所において,再度の保護観察処分が言い渡されました。

少年が起こした盗撮保護事件で,被害者と示談して不処分を獲得

 少年が駅のエスカレーターにおいて女性のスカートの中を盗撮した神奈川県迷惑行為防止条例違反事件(盗撮)。

 この事件で,少年は現行犯で検挙されたが,犯行を認めたため,逮捕までには至らなかった。その後,弁護士が警察・検察と交渉して,捜査機関から学校への連絡を回避させたため,少年は通っていた有名私立学校を退学せずに済むこととなった。また,事件が横浜地方検察庁に送致される前に,弁護士が被害者の両親と示談交渉を行い,示談を成立させた。
 この事件では,少年に多くの盗撮の余罪があったが,弁護士が少年に対して性欲のコントロールの仕方などについてアドバイスし,少年に盗撮の再非行のおそれが減少したことや被害者が寛大な処分を求めたことなどから,横浜家庭裁判所において,審判はなされたものの,最終的に少年は不処分(審判を行うものの,裁判官からの訓戒のみ)となった。

恐喝未遂,窃盗保護事件で,少年の反省及び被害者との示談などにより最終的に不処分となった事例

 少年が被害者の財布からお金を抜き取ったり,被害者を脅してお金を取ろうとしたりしたことによって,警察に通常逮捕された恐喝未遂,窃盗保護事件。

 本件は,神奈川県警により少年が逮捕・勾留されたため,そのまま少年が少年鑑別所に収容されることも予測されましたが,弁護人が家庭裁判所に対して観護措置(少年鑑別所に収容すること)の回避を求める意見書を提出した結果,少年は少年鑑別所に収容されることなく,家に帰ることができました。
 その後,少年は,被害者の気持ちを考えなかった自分の行動を反省し,被害者に対して真摯に謝罪を行いました。そして,それに伴い,付添人弁護士が被害者代理人と示談交渉を行い,本件についての示談を成立させました。また,少年は被害者とLINEでやり取りを行っていましたが,その中でインターネットやSNSにおける注意事項をしっかりと意識しておらず,本件を起こす一因となっていたため,それらについても改めて家族と共に考え直してもらいました。
 これらの事情を付添人弁護士が意見書にまとめ,裁判官に対して少年は十分に反省し,現時点では要保護性が解消されていることなどを述べた結果,家庭裁判所は少年を保護処分にすることなく,不処分(裁判官からの訓戒)としました。

その他のメニュー

弊所の無料法律相談について説明しております。

弊所のご依頼の流れについて説明しております。

留置施設における接見・面会について説明しております。

神奈川県の管轄警察署

 こちらでは,神奈川県の管轄警察署について紹介しております。

加賀町警察署,山手警察署,磯子警察署,金沢警察署,南警察署,伊勢佐木警察署,戸部警察署,神奈川警察署,鶴見警察署,保土ヶ谷警察署,旭警察署,港南警察署,港北警察署,緑警察署,青葉警察署,都筑警察署,戸塚警察署,栄警察署,泉警察署,瀬谷警察署,横浜水上警察署,川崎警察署,川崎臨港警察署,幸警察署,中原警察署,高津警察署,宮前警察署,多摩警察署,麻生警察署,横須賀警察署,田浦警察署,浦賀警察署,三崎警察署,葉山警察署,逗子警察署,鎌倉警察署,大船警察署,藤沢警察署,藤沢北警察署,茅ヶ崎警察署,平塚警察署,大磯警察署,小田原警察署,松田警察署,秦野警察署,伊勢原警察署,厚木警察署,大和警察署,座間警察署,海老名警察署,相模原警察署,津久井警察署

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,少年事件に関する神奈川県の犯罪情勢に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

Call: 0120-135-165