少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(月~金),8:30~18:00(土)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

令和2年度の主な少年事件解決実績

少年事件の主な解決実績

 こちらでは,令和2年度(令和2年4月から令和3年3月)に当事務所の弁護士が解決した少年事件,お客様の声の一部を紹介しております(お客様の声については,個人情報の関係であえて抽象的な表現に変更させていただいているものもあります)。

 少年がスーパーマーケットにおいて化粧品を万引きした窃盗事件。

 この事件では,少年が警察に検挙された段階で,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。少年は学校でのストレスなどから万引きをしてしまっていたため,弁護士は,少年に対してそのストレスの改善方法を伝えていきました。そして,二度と万引きをしないために,どのような生活をしていけばいいのかを少年にじっくり考えさせました。
 本件は被害額も大きかったため,当初は家庭裁判所における審判が開かれる予定でしたが,弁護士(付添人)が被害弁償が既に済んでいることや保護者が本件を踏まえてしっかりと指導監督していること,事件当時のストレスがだいぶ解消したことなどを裁判所に伝えた結果,本件については審判不開始処分となりました。
 また,本件は警察や家裁から学校に連絡が行く可能性もありましたが,弁護士が学校連絡を回避するように要請したことにより,本件が学校に伝わることはありませんでした。

①事件の少年

しっかり話して,アドバイスしてくれました。

 親から話を聞いたり,自分から話を聞くと,先回りしてたくさん動いてくださり,本当にお世話になりました。自分が今,何をしなきゃいけないのか,どう話せばいいのかなど深いところまでしっかり話してアドバイスをいただいてありがとうございました。

①事件の少年の母親

今後の生き方にも変化があると思います。

 子供が万引きし,突然警察署から電話があり,かなり動揺している中で子供へのきちんとした指導や子供を守る事,心からの反省や償いという事を考えた時に,私の力では限界があると思い,弁護士さんを探す事にしました。
 色々な事務所のホームページを見ましたが,こちらの事務所が一番子供の事をお願いしたいと思い,依頼する運びとなりました。子供の話をしっかりと聞いて下さり,その後の生活や調書に関して的確なアドバイスをくださり,適切な指導をしていただきました。
 有原先生にお世話になった事で,子供の心に変化がもたらされ,今後の生き方にも変化があらわれるだろうと思っています。お忙しい中,コミュニケーションをしっかり取って下さり,たくさん話を聞いてケアしていただきありがとうございました。

 少年が共犯者と共に路上で被害者から財布を盗んだ窃盗事件。

 この事件では,少年が警察に逮捕された直後に,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。本件では,共犯者の方が主犯で,少年の方が見張りをしていただけだったので,その点をしっかりと主張するようにアドバイスしました。また,少年はこれまでに同種の余罪等もなかったので,普段の生活状況をちゃんと伝えるように指導しました。少年は,逮捕後に勾留されることになりましたが,弁護士が検察官に対して勾留延長しないように申し入れた結果,勾留延長請求はなされませんでした。また,事件が家庭裁判所に送られた段階で,弁護士が裁判所に対して観護措置(少年鑑別所に収容すること)を回避することを求める意見書を提出した結果,家庭裁判所は少年に対して観護措置を取りませんでした。
 その後,家庭裁判所において,調査官の調査が行われましたが,少年は釈放後に生活環境が改善されていたため,調査官から高く評価されました。調査後,弁護士は裁判所に対して,審判不開始を求める意見書を提出しました。その結果,家庭裁判所は本件を審判不開始にすることを決めました。
 また,少年は高校に通っていましたが,高校を退学せずにすみました。

②事件の少年の母親

助言一つ一つに安心感がありました。

 突然の逮捕から,毎日先の見えない不安な日々を過ごしていました。
 訪問後,すぐに勾留中の息子に面会して下さり,親の心配,不安を聞いて下さった上で,今後,まず必要でやるべき事を詳しく説明していただくのと同時に,必要な謝罪文などの準備,進行していただきました。
 少年事件にとても慣れていらして,その行動,助言の一つ一つに安心感があり,親もよく理解した上で,全てお任せすることが出来ました。息子自身も,信頼していましたし,実例と共に,数多くの助言をいただき,気を緩める事無く,普通の高校生らしく生活する努力をしていました。
 二宮先生にお会いできて本当に良かったです。これまで大変お世話になり,ありがとうございました。

 事件当時13歳の少年が共犯者と一緒に窃盗を繰り返し,児童相談所により一時保護された窃盗触法事件。

 付添人は,まず少年の両親と共に児童相談所へ行き,事件の概要や少年の様子を聞いた上で,付添人として,今後少年の更生にどのような形で関わっていくかを児童相談所の職員に説明しました。付添人は後日,少年本人と直接面会をし,本件犯行に及んだ原因を少年に考えさせ,再犯を起こさないためにはどのようなことをしていかなければならないかという点を指導しました。また,被害者はどのような気持ちになりどのような損害を被っているかということを付添人の経験も交えながら話し,少年に具体的に考えさせました。さらに,付添人は,それと並行して,被害者との示談交渉にも取り組み,複数の被害者の方全員と示談を成立させました。
これらの活動の結果,児童相談所の職員は,特に少年が本件にきちんと向き合い反省をしていること,再犯防止策も具体的に考え再犯のおそれがないことを評価し,今後も生活状況の確認のために児童相談所に定期的に通うことを条件に,一時保護を解除しました。また,同時に,本件については家庭裁判所へ送致しないことも決定したため,少年は施設に収容されることなく元の生活に戻ることができました。

 少年が駅構内において被害者を盗撮した公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反事件。

 この事件では,少年が警察に検挙された段階で,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。少年は盗撮の違法性を甘く考え,スリルを求めて盗撮行為に及んでいましたが,弁護士は,少年に対して改めて盗撮の違法性を説明し,盗撮による被害者の精神的ダメージについても伝えていきました。そして,二度と盗撮をしないために,どのような生活をしていけばいいのかを少年にじっくり考えさせました。
 本件では,被害者との間で示談は成立しませんでしたが,弁護士は家庭裁判所に対して報告書を提出し,少年が真摯に反省していることや再犯防止策を実践していることなどを伝えていきました。家裁送致後に,裁判所調査官の調査も行われましたが,少年の再犯可能性がないことなどが評価され,本件については審判不開始処分となりました。
 また,本件は警察や家裁から学校に連絡が行く可能性もありましたが,弁護士が学校連絡を回避するように要請したことにより,本件が学校に伝わることはありませんでした。

 少年が女子トイレ内に入ってスマホを設置し,女性を盗撮しようとした建造物侵入,公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反事件。

 この事件では,少年が警察に検挙された段階で,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。少年は思春期で性への芽生えもあって,盗撮行為に及んでしまいましたが,弁護士は,少年に対して女子トイレにおける盗撮の悪質性を説明し,盗撮されてなくても被害者に大きな不安を与えることなどを丁寧に説明しました。そして,二度と盗撮をしないために,少年と保護者でしっかり話し合うように指導しました。
 本件では,被害者の意向もあり,被害者と示談交渉することはできませんでしたが,弁護士は家庭裁判所に対して意見書を提出し,少年を審判不開始にするよう求めていきました。その結果,裁判官は少年の再犯可能性がないと評価し,本件については審判不開始処分としました。

 少年が詐欺組織に脅されて特殊詐欺の受け子・出し子にあたる行為をして,逮捕・勾留され,観護措置が取られた詐欺,窃盗事件(キャッシュカード詐欺盗事件)。

 この事件では,少年が警察に通常逮捕された段階で,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。少年は,詐欺組織の指示に従い,4人の被害者からキャッシュカードを受け取り,ATMでお金を下したうえで,そのお金を組織の人間に渡していました。少年は,逮捕された段階では,自分が脅されていたこともあり,自分の行った罪の重さを正確に理解できていませんでしたが,被害者の言葉などを聞くにつれ,自分の犯した罪の重さを理解するようになりました。また,少年は事件の前から素行の悪い少年との付き合いが増えており,事件当時,生活が乱れていましたが,本件で逮捕されたことをきっかけに,交友関係を正常にしないと今後大きな問題になると考えるようになりました。
 本件では,4件の事件で少年事件化され,逮捕・勾留,再逮捕・再勾留となり,少年は家裁送致後,少年鑑別所に収容されました。弁護士(付添人)は,少年が拘束されている間に,4件すべての被害者と面会し,示談交渉を行っていきました。その結果,4件すべての被害者と示談が成立しました。
 家庭裁判所の審判では,少年が本件を反省していることや今後は交友関係を正すことを誓約していること,詐欺組織に脅されるような状況に陥らないように,しっかりと考えて行動しようとしていること,すべての被害者と示談ができ,被害者が重い処分を求めていないことなどが評価され,事案としては少年院送致も十分に考えられる事案でしたが,最終的には保護観察処分となり,少年は少年院に収容されずにすみました。

 少年がビル内の女子トイレに侵入し,トイレ内で被害者を盗撮した上で,わいせつ行為を行ったとして,警察に逮捕・勾留され,観護措置が取られた建造物侵入,公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(盗撮),強制わいせつ事件。

 この事件では,少年が警察での取調べを受けた直後に,当事務所の弁護士が弁護人として付きました。本件では,弁護士が少年から事件についての聞き取りをした段階で,少年に障害がある可能性が高いと判断できたため,弁護士は少年及び保護者に対して専門の病院やクリニックに行くようにアドバイスしました。その後に,少年は逮捕されることになりましたが,逮捕前に専門のクリニックに通っていた関係で,少年の障害について捜査機関等に専門家の意見を示すことができるようになりました。
 少年は,犯罪事実を概ね認めていましたが,逮捕・勾留後に少年鑑別所に収容されることとなってしまいました。ただ,少年が少年鑑別所に収容されている期間で,弁護士が被害者代理人と示談交渉し,審判までに示談を成立させました。また,本件では,少年の障害がどの程度のものであるかという点も問題となっており,それに関係して少年の反省が深まっているか,少年の再犯の可能性はあるかという点が問題になっていました。弁護士(付添人)は,裁判所に対して,少年の障害は詐病ではないこと,少年は自分の責任をしっかり理解して,反省しているいこと,被害者との間で示談が成立していることなどを記載した意見書を提出し,少年を少年院送致にしないように求めていきました。
 家庭裁判所の審判では,裁判官が少年に対して様々な角度から質問しましたが,少年は自分のできる範囲で一生懸命反省の気持ちを伝えました。その結果,事案としては少年院送致が予想される事案でしたが,最終的に保護観察処分となり,少年は少年院に収容されずにすみました。

⑦事件の少年

今後のことなどを分かりやすく教えてくれました。

 これからどうなるのか不安な時に,自分の状況や今後の事等,分かりやすく教えてくれて助かりました。分からない事ややった方がいい事があった時はやさしく教えてもらえてよかったです。
 二宮先生に弁護を担当してもらえてよかったです。

⑦事件の少年の母親

息子が自分の言葉で表現する姿に驚きました。

 二宮先生,この度は大変お世話になり,ありがとうございました。
 警察に2週間,鑑別所に4週間本当に長い長い6週間でした。その間,電話,メール等にて,私の心配事に一つ一つ丁寧に応えて頂き,ご教示下さり感謝しております。
 自分の意思を表現出来なかった息子が先生のご指導のおかげで,裁判当日に自分の言葉で自分の意志を伝えようとする姿を見て驚きました。その姿勢を教えて下さったお陰で少年院を回避でき,本日を過ごせている事に心から感謝しております。
 今後,二度とこのような事のないように,息子と手を取り合ってリハビリなど取り組んで参ります。本当にありがとうございました。

 少年が詐欺を指南する指示役の指示通りに動いて持続化給付金等を詐取することに加担した詐欺事件。

 本件では,少年が両親と共に事務所に来て,警察に自首をしたいと相談してきました。弁護士は,少年と共に管轄の警察署に赴き,少年が詐欺を指南した指示役とどのように出会ったか,そして,どのような指示を受けて持続化給付金等を詐取することになったのかなど,全てを正直に話させました。その上で,現在はしっかり反省し,二度と犯罪を行わないことを警察に話させました。
警察は,少年事件として事件化することも検討していましたが,事件が未だ一切明るみになっていない時点で出頭してきたこと,少年は指示役に利用されている面が強く,少年自身の犯行態様は悪質とはいえないこと,指示役や現場の情報など,少年が捜査に全面的に協力していること,詐取した給付金については返還済みであることなどを評価して,今回に限り厳重注意にとどめるとし,本件は少年事件として事件化されずに終了しました。

⑧事件の少年

しっかりと対応していただきました。

 今回,自分の犯してしまった事にたいして,しっかりと対応していただき,自分も今回してしまった事にたいしてしっかりと反省はもちろんの事,こうなった原因は自分の中で整理がついているので,この事件をふまえて,今は自分のやるべきことをしっかりやろうと思っています。
 大変お世話になりました。

⑧事件の少年の父親

プロにお願いして本当に良かったです。

 このたびは大変お世話になりました。
相談に伺ったその日にテキパキと今後の対応についてご指示をいただき,親としても頼もしい限りでした。今回は想像を超えて「事件化しない」との通知をいただき,胸をなでおろしております。
 誠にありがとうございました。プロにお願いして本当に良かったです。

 少年が,コンビニで食料品等を盗んだ際,店員に呼び止められたが,その制止を振り切り,その際に暴行を加えて逃走したとして,逮捕された事後強盗保護事件。

 本件は,相手に怪我こそさせなかったものの,事後強盗罪という重大犯罪であり,裁判官も調査官も少年院送致を視野に入れて調査が開始されました。付添人は,被害店舗に直接赴き,被害店舗及び被害者に謝罪をした上で,被害弁償も行いました。その結果,被害店舗にも被害者にも,完全に少年を許すとまでは言っていただけませんでしたが,誠意は伝わったという言葉をいただきました。また,少年は当時一人暮らしを始めたばかりで,お金の管理等ができておらず,食費を浮かせたいなどと考えて,万引き行為に及んでいたので,少年の母親は引っ越しなども済ませ,社会復帰した際には,少年と共に暮らし,お金の管理等も含め母親が指導監督をしていく体制を整えました。また,付添人は面会を通じて,少年を指導し,万引きをすることによって店が被る損害を具体的に考えさせ,強盗という犯罪の重大性についても厳しく指導しました。
 家庭裁判所の
審判では,裁判官は,少年の行った非行行為が重大かつ悪質なものであるとしながらも,少年が真摯に反省していること,被害店舗の損害や被害者の気持ちをしっかり考え強盗罪の重大性についても理解していること,少年の母親が自ら引っ越しをして少年を監視監督する体制を整えていることなどを評価し,保護観察処分を言い渡し,少年は少年院送致を免れました。

 14歳未満の少年(触法少年)が同級生に対してわいせつな行為をしたとして,児童相談所に一時保護され,少年鑑別所に収容された強制わいせつ触法事件。

 本件では,少年が家裁送致され,観護措置(少年鑑別所に収容すること)が取られた後に,当事務所の弁護士が付添人として付きました。弁護士は,事件記録を読んだうえで,少年に対して,少年がなぜ事件を起こしてしまったのか,しっかりと調査していきました。そして,その上で,少年に対して,被害者の気持ちや性に関する指導をしていきました。少年は,他人に対して,自分の感情をうまく表現できない部分もありましたが,弁護士が様々な観点からアドバイスし,少年がゆっくりであっても自分が考えていることを言語化できるようにしていきました。
 審判において,少年は自分がやってしまったことへの反省,自分の問題点,被害者への謝罪の気持ちなどをしっかりと裁判官に伝えることができました。その結果,本件は児童自立支援施設などの施設に収容される可能性もありましたが,最終的に,裁判官は少年に対して児童相談所で再度の指導を行う児童相談所センター長送致処分にし,少年は施設収容を免れました。

⑩事件の少年の父親

最良の結果をもたらしてくれました。

 まずは,審判まで幾日も無い状況で依頼を受けていただき,迅速果断な対応で最良の結果をもたらしてくださった事に感謝申し上げます。
 息子が事件を引き起こした日に少年事件についてもう少ししっかりと調べておけば良かったと後悔しております。私も家内も家庭裁判所に送られる段階で初めて弁護士の先生に相談するものと思いこんでおりました。もしも息子が施設へ送られることになっていたら,一生この半年の日々を悔いて生きる事になったと思います。改めてこの様な不利な状況で弁護を引き受けてくださった事,息子を自宅へ帰して下さった事に厚く御礼申し上げます。先生には,本当に親身になっていただきました。
 息子を自宅へ帰すために審判までに我々のすべきことについて細かくご指導いただき,相談にも乗っていただきました。そればかりか,息子への我々の接し方やこれまで何が悪かったのか今後はどうしていくべきなのか,とてもわかりやすくお話しいただき感謝してもしきれません。また,息子にとってもとても話しやすいいいお兄さん,あるいはいい先生の様な感じで,息子からもとても助かったと聞いてます。何より我々親が知らない息子の姿を教えていただきました。今までの我々の振る舞いや立ち位置では息子に寄り添ってあげることが出来ていなかったと先生に教わりました。
 本当に感謝しております。ありがとうございました。

 少年が,知人らと車に乗ってドライブをしていたところ,車の中から大麻が発見され,知人らと共に,大麻を共同所持していたとして逮捕・勾留された,大麻取締法違反被疑事件。

 弁護士が少年から事情を聴いたところ,少年は後部座席に座っており,大麻が発見されたのは運転席と助手席の間のダッシュボードからということでした。また,大麻が発見された車には,前部座席と後部座席との間にはカーテンがあり,少年からは前部座席にあるダッシュボードが見えないような状況でした。しかも,少年は,運転席と助手席に座っていた2人とドライブに行く直前に知り合っており,少年は前の2人の名前すら知らないという関係性でした。
弁護士
は,少年に,車の中の状況,運転席と助手席に座っていた2人と少年の関係,車に一緒に乗ることになった経緯などを,記憶に基づいてすべて捜査機関に詳細に話させ,供述調書にしてもらいました。このような弁護活動の結果,検察官は,最終的には少年と車のダッシュボードにあった大麻とは無関係であると結論付け,少年を嫌疑不十分であることを理由として家裁不送致処分(少年が罪を犯したとする証拠が不十分であるとして,検察官が事件を家庭裁判所に送致しない処分にしました。これにより,本件は家庭裁判所に送致されることなく終了しました。

⑪事件の少年

これからは目標を持って頑張ります。

 この度は色々とお世話になりました。これからは目標を持って頑張ります。

 13歳の少年が,電車内で,女の子の体を触るなどした公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢)触法事件。

 弁護士(付添人)が被害児童の親権者に連絡を取り確認したところ,被害児童は少年が住んでいる場所の近くに住んでいることが判明しました。当然,被害児童の親権者からは,引っ越しをして欲しいという要求があったので,できるだけ速やかに引っ越しをすることと,引っ越しをするまでの間,少年が外出する時には必ず少年の両親が同行することを約束しました。その後,約束どおり,引っ越しを行いました。被害児童の親権者は,少年の両親の誠実な対応を高く評価し,少年を許し,今後処分等を一切求めない旨の書面を作成してくれました。
付添人が少年と話をしたところ,まずは新型コロナウィルスの影響で生活が大きく変化し,少年がストレスを溜めていたことが本件非行に及んだ原因の一つだとわかりました。付添人は,少年と両親に対して普段の生活について細かくアドバイスをしてストレスを溜めない生活を送れるように改善させました。また,性犯罪に及んでしまった原因を深く分析するために,専門の病院を紹介し,専門医のもと治療を開始させました。
本件は,児童相談所へ送致されましたが,児童相談所の職員は,少年が真摯に反省していること,専門病院に行き,第三者による適切な指導を受けていること,被害者対応も誠実に行っていることなどを評価し,本件を家庭裁判所には送致しないことにし,本件は終了しました。

⑫事件の少年の父親

的確なアドバイスを頂けました。

 豊富な経験をもとに,事件の流れや警察への対応などについて的確なアドバイスを頂き,大変助かりました。また,被害者や被害者家族の心情,両親の苦労など代弁し,息子にわかりやすく説明,指導いただけたのも良かったです。   色々とアドバイス頂いた事を今後も適時振り返り,息子の更生を支援していきたいと思います。
 ご対応頂き,ありがとうございました。

その他のメニュー

弁護士費用

弊所の弁護士費用について説明しております。

解決実績

弊所の解決実績,お客様の声について紹介しております。

令和元年度の解決実績

令和元年度の解決実績について紹介しております。

無料電話相談はこちら

無料電話相談

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜,祝日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,令和2年度の少年事件に関する解決実績,お客様の声のページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

無料電話相談

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談や非通知での御相談は対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

二宮英人-代表弁護士

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

少年事件について

Call: 0120-135-165