少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

弁護士紹介

取扱業務・取扱実績に関しては,このページの下部にあります。

代表弁護士:二宮 英人(にのみや ひでと)

出身

福岡県福岡市

経歴

1981年生まれ
私立ラ・サール中学校卒業
私立ラ・サール高等学校卒業
東京大学法学部私法学科卒業

個別指導塾において講師として勤務後,
中央大学法科大学院に入学。
同大学院を卒業後,司法試験に合格。

司法修習修了後,都内の刑事事件専門の法律事務所に入所。その後,数年の勤務を経て,当事務所を開設。

所属

東京弁護士会

法曹養成センター委員会

子どもの人権と少年法に関する特別委員会(幹事)

活動

中央大学法科大学院実務講師(刑事系科目担当・クラスサポーター)
亜細亜大学実務講師(現代教養特講,法律実務)
日本プロ野球選手会公認選手代理人

著書等

・「付添人レポート 強制わいせつ保護事件 少年
 の友人と協力し,裁判官と協調して獲得できた非
 行事実なし不処分決定」季刊刑事弁護78巻67頁

・「恋愛トラブル-ストーカーやリベンジポルノ被
 害に遭わないために」2017年度武蔵野市寄附講
 座現代教養特講講義録54頁

ご挨拶

 弊所のホームページにお越しいただきありがとうございます。私は,弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所の代表弁護士をしております二宮英人と申します。

 私は,これまで少年事件・刑事事件を中心に活動して参りました。大学を卒業後,大手の個別指導塾において,中学生や高校生を対象に講師をしていたことや私の母親が長年保護司の職に就いていることなどもあって,私は特に少年事件に力を入れて参りました。
 少年事件は,一般的な成人の刑事事件とは異なり,警察,検察,児童相談所,家庭裁判所等の公的機関が少年の更生という視点を持って動いてくれます。そのため,少年事件においては,少年に弁護士が付いた状態で,捜査や調査が進んでいくことに非常に大きな意味合いがあります。具体的には,弁護士が少年に付き添って,少年の内に秘めたる思いを聞き,その思いを弁護士の口から家庭裁判所等の公的機関に伝えることによって,これらの機関が事件の本質を理解してくれ,少年,そして少年の家族にとって,より良い判断を下してくれるのです。

 これまで,私が担当した少年たちもいろんなタイプの子がいました。いかにも不良そうな子供もいれば,一見何ら問題のない優等生風の子供もいました。ただ,どの子も他人になかなか言うことができない何かしらの悩み,思いを内に秘めていました。私は,そんな少年たちとじっくり話し合い,その子たちの内に秘めたる思いを聞いて,その子特有の問題が何かを突き止め,それを解消してきました。少年たちは,親が思うよりも大人な部分もあれば,親が思うより子供な部分もあります。そんな少年たちに寄り添って,できる限り少年の未来を壊さないように,私は日々活動しております。

 もし,お子様が警察に逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。私を含め,弊所のスタッフが全力でお子様をサポートいたします。そして,ご家族の不安も解消していきます。

メディア出演

・フジテレビ「ノンストップ!」
 「あなたの知らないセケン」のコーナーで,「休み中に増える子供たちの犯罪」という
 テーマでコメント・解説しました。

・テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~」
 「少年犯罪・少年事件における冤罪」というテーマでコメント・解説しました。

・TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」
 「広島県府中町中3自殺事件」について,少年法との関係からコメント・解説しまし
 た。

・フジテレビ「ノンストップ!」
 「あなたの知らないセケン」のコーナーで,「デートDV・LINEスタンプトラブ
 ル」というテーマでコメント・解説しました。

・週刊ポスト 2016年12月9日号
 「【夫殺し】の妻たち 戦慄の事件簿」という記事で,夫婦間の殺人事件の量刑につ
 いてコメント・解説しました。

・フジテレビ「ノンストップ!」
 「あなたの知らないセケン」のコーナーで,「ネット売買トラブル」というテーマで
 コメント・解説しました。

・Webマガジン「ママテナ」
 「見逃していない?子どもが犯罪を起こす兆候」という記事で,少年犯罪全般につい
 てコメント・解説しました。

・フジテレビ「ノンストップ!」
 「芸能人の大麻取締法違反事件」について,公判のポイント等を説明しました。

・TOKYOMX「田村淳の訊きたい放題!」
 「少年法の対象年齢引き下げ問題」について、少年法改正の動きの背景や対象年齢引
 き下げの是非についてコメント・解説しました。

・TBS「ジョブチューン」
 「弁護士SP」において,現在の刑事事件の状況や痴漢冤罪事件にコメントしました。

・フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」
「タクシー運転手によるストーカー事件」について,処分の傾向や今後の流れについ
 てコメントしました。

・TBS「新・情報7daysニュースキャスター」
 「津山小3女児殺害事件」に関して,性犯罪受刑者の再犯防止プログラムについて,
 コメントしました。

 など,その他多数。 

顧問:植村 立郎(うえむら りつろう)

出身

鹿児島県いちき串木野市

経歴

1946年生まれ
私立ラ・サール中学校卒業
私立ラ・サール高等学校卒業
東京大学法学部私法学科卒業

東京大学在学中に,司法試験に合格。
司法修習終了後,裁判官に任官。
函館地方・家庭裁判所所長,新潟地方裁判所所長等を歴任し,
平成23年6月に,東京高等裁判所刑事部部総括判事として定年退官。

平成24年4月より,学習院大学法科大学院教授に就任し,
平成29年3月まで,同校で教鞭を取る。
また,平成21年4月から平成29年3月までの期間,

東京大学法科大学院においても,非常勤講師として,少年法を教える。

その後,平成29年4月より,当事務所に顧問として入所。

所属

第一東京弁護士会(平成23年8月に弁護士登録)

刑事弁護委員会,こども法委員会

著書等

・「少年事件の実務と法理-実務『現代』刑事法」(判例タイムズ社)
・「骨太少年法講義」(法曹界)
・「事例研究刑事法Ⅰ刑法(第2版)」(日本評論社)
・「事例研究刑事法Ⅰ刑事訴訟法(第2版)」(日本評論社)
・「刑事事実認定重要判例50選」上・下巻(立花書房)
・「実践的刑事事実認定と情況証拠(第3版)」(立花書房)
・「刑事上訴審における弁護活動」(成文堂) など,その他多数

弁護士:有原 大介(ありはら だいすけ)

出身

広島県広島市

経歴

1980年生まれ
私立広島学院中学校卒業
私立広島学院高等学校卒業
東京大学法学部私法学科卒業

明治大学法科大学院に入学。
同大学院を卒業後,司法試験に合格。

司法修習修了後,広島市内の法律事務所において,多数の刑事事件・少年事件を担当。その後,平成28年1月より,当事務所に入所。

所属

東京弁護士会
(平成28年2月17日まで広島県弁護士会)

活動

広島大学法科大学院講師(刑法・倒産法) 
<平成27年12月まで>

弁護士からのメッセージ

 少年事件では,少年の処分を軽くするために弁護活動をすることはもちろんですが,成人の刑事事件以上に,少年を取り巻く環境の改善・整備に力を入れていく必要性があります。家庭や学校,職場での少年を取り巻く環境,少年の交友関係等に大きな問題がある場合,少年がせっかく社会復帰したとしても,また同様の非行を繰り返してしまう可能性があるのです。逆に,少年を取り巻く環境がきちんと改善できれば,少年は,新たな気持ちで今後の長い人生を踏み出していくことができるでしょう。

 私は,少年とのコミュニケーションを何よりも大切にしています。少年が,何を考え,何に反発し,何に不満を持って非行に及んだのか。一方的に責めるのではなく,非行行為の裏にある根本的な原因を,粘り強く話し合った上で突き止めていきたいと考えています。その上で,少年が間違っていることは厳しく指導教育し,少年を取り巻く環境に問題があれば,全力でその改善を試みていきます。

 私が担当した少年や御家族の方に,有原先生に依頼してよかったと心から思っていただけるように,誠心誠意尽くしていきます。どうぞよろしくお願い致します。

メディア出演

・テレビ朝日「グッド!モーニング」
 「見逃せない☆ストライクニュースまとめ」のコーナーで,青少年保護育成条例違反が
 成立する場合などについてコメント・解説しました。

 

弁護士:岡本 裕明(おかもと ひろあき)

出身

埼玉県川越市

経歴

1985年生まれ
Bridgeview Middle School卒業
東京学芸大学教育学部附属高等学校大泉校舎卒業
東京都立大学法学部卒業

学習院大学法科大学院に入学。
同大学院を卒業後,司法試験に合格。

司法修習終了後,東京都内の刑事事件専門の法律事務所に入所。
そこで,刑事事件,少年事件を多く取り扱い,外国人事件・交通事故事件も積極的に取り扱った。
同事務所での数年の勤務を経て,
平成29年1月より,渋谷青山刑事法律事務所に入所。

所属

東京弁護士会
刑事弁護委員会
刑事法対策特別委員会

活動

学習院大学法科大学院 刑事系ゼミ担当
日本プロ野球選手会公認選手代理人
専修大学松戸高等学校 法教育授業担当

著書等

「刑事弁護レポート 窃盗被疑事件 クレプトマニアを患った保護観察中の被疑者による再犯で不起訴処分を得た事例」季刊刑事弁護7798

「再保釈請求の許可基準に関する理論と実務」学習院法務研究10231

「BCP担当者が最低限知っておきたい労務リスクマネジメント」リスク対策.com
37号から45号,47号から50号まで全13回連載

「こんなところでつまずかない!交通事故事件 21のメソッド」(第一法規)
東京弁護士会 親和全期会 編著

弁護士からのメッセージ

 少年事件は,刑事事件の一分野ではありますが,成人の刑事事件とは大きな違いがあります。審判や審判に至るまでの手続が異なることに加えて,少年事件においては,少年をどのように立ち直らせるかが何よりも重視されます。
 そこで,少年事件に携わる弁護士には,法的な素養だけでなく,少年の気持ちに寄り添い,少年のことを心から理解する力が求められます。

 私は,これまで多くの少年事件に携わってきました。その中には,弁護士に対して敵対心を持つ少年や,自分の将来に絶望するあまり何も話してくれない少年も少なくありませんでした。しかしながら,最初は多くを語りたがらなかった少年も,事件に関する話だけでなく,少年の家族の話,友人の話,趣味の話,好きな有名人の話等を交えながら接していく内に,最終的には心を開いてくれました。審判が終わって以降も,少年や少年の御家族から手紙をいただくことがあります。少年事件に携わる弁護士として,少年が再度非行に走ることなく,人生を謳歌していることを知った時以上の喜びはありません。

 少年事件は,表面上の付き合いで問題を解決することはできません。もし,少年事件に関することでお悩みでしたら,まずは弊所にご相談ください。全力で少年が抱える悩みや,ご家族の心配を取り除くことができるように活動させていただきます。

メディア出演

・201571日付けThe Wall Street Journal内の”5 Scenarios Facing Former
  T
oyota Executive Julie Hamp in Japan”との記事の中で,日本の刑事手続について
  コメントし
ました。

・201657日読売新聞内の長野県地域欄において,業務上過失致死罪の成否について
 コメントしました。 

・週刊現代第5810号の中で,覚せい剤取締法違反と保釈の関係についてコメントし
 ました。

・20161121日付け弁護士ドットコムNEWS内の「大麻取締法『所持』は違法なのに
『使用』は対象外」…何が違うのか?」との記事の中で,大麻取締法についてコメントし
 ました。
・健康産業新聞のインターネット記事で,CBDオイルと大麻取締法違反の関係について
 解説・コメントしました。

・2017年11月21日付け教えて!gooコラムで,住居侵入罪についてコメントしました。

・2017年12月24日FM西東京「永野亮のラジオ法廷-ラジオが法廷に変わる-」第5
 回捜査編にゲスト解説者として出演し,コメントしました。

・週刊アサヒ芸能第73巻1号の中で,大麻に関してコメントしました。

・週刊SPA第67巻3号の,「若者に大麻が復活している!」という記事で,最近の傾向
 についてコメントしました。

・週刊SPAのインターネット記事で,タレントの大麻所持事件についてコメントしまし
 た。

・日本テレビ「news every.」
「芸能人の女子高生に対する強制わいせつ事件」について,強制わいせつ罪の処分の傾
 向や非親告罪になったことの影響などについてコメントしました。

・フジテレビ「めざましテレビ」
 「新潟女児殺人事件」について,性犯罪者の前歴・前科を近隣の一般市民に公表できる
 か,メーガン法の導入などについてコメントしました。

 など,その他多数。

取扱業務・取扱実績

取扱業務

少年事件における弁護人・付添人としての活動全般
  • 警察署への自首・出頭の同行

  • 少年に対する任意捜査の際の付添い

  • 少年が逮捕・勾留された場合の釈放に向けた活動

  • 警察署での接見,児童相談所・少年鑑別所での面会

  • 否認事件における証拠収集

  • 被害者のある事件においての被害弁償・示談交渉

  • 少年が在籍する学校及び職場への対応

  • 警察・検察・児童相談所・家庭裁判所への対応

  • 少年の鑑別所収容回避の活動

  • 少年の生活環境調整

  • 調査官による保護者への調査のサポート

  • 審判に向けた準備,意見書等の作成

  • 抗告申立書の作成

  • 抗告審の弁護活動 など

 なお,暴力団など反社会的勢力及びそれに関係する方からの依頼はお受けしておりません。

取扱実績

 これまでに渋谷青山刑事法律事務所の弁護士が弁護人,付添人として取り扱ってきた少年事件・刑事事件は以下のものとなります。

<刑法犯>

・公務執行妨害罪
・現住建造物等放火罪
・非現住建造物等放火罪
・住居侵入罪
・有印公文書偽造罪
・電磁的公正証書原本不実記録罪
・偽造有印公文書行使罪
・有印私文書偽造罪
・偽造有印私文書行使罪
・私電磁的記録不正作出罪
・不正作出私電磁的記録供用罪
・公然わいせつ罪
・わいせつ物公然陳列罪
・わいせつ電磁的記録有償頒布目的保管罪
・わいせつ電磁的記録記録媒体陳列罪

・強制わいせつ罪
・強制性交等罪(強姦罪)
・準強制わいせつ罪
・準強姦罪
・集団強姦罪
・強制わいせつ致傷罪
・強姦致傷罪
・単純収賄罪
・贈賄罪
・殺人罪
・嘱託殺人罪
・傷害罪
・暴行罪
・業務上過失致傷罪
・重過失致死罪
・逮捕罪
・監禁罪
・監禁致傷罪
・脅迫罪
・強要罪
・わいせつ目的略取罪
・名誉毀損罪
・偽計業務妨害罪
・威力業務妨害罪
・窃盗罪
・強盗罪
・事後強盗罪
・昏酔強盗罪
・強盗致傷罪
・詐欺罪
・電子計算機使用詐欺罪
・背任罪
・恐喝罪
・横領罪
・業務上横領罪
・遺失物等横領罪(占有離脱物横領罪)
・盗品等有償譲受罪
・公用文書等毀棄罪
・器物損壊罪,など

<特別法違反,条例違反>

・東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢,盗撮)
・神奈川県迷惑行為防止条例違反(痴漢,盗撮)
・埼玉県迷惑行為防止条例違反(痴漢,盗撮)
・千葉県公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢,盗撮)
・群馬県公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反(痴漢)
・栃木県公衆に著しく迷惑をかける行為等の防止に関する条例違反(痴漢)
・青少年健全育成条例違反(東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県)
・児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反
・私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律違反
・児童福祉法違反
・売春防止法違反
・インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律違反
・ストーカー行為等の規制等に関する法律違反
・酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律違反
・道路交通法違反
・自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律違反
・不正アクセス行為の防止等に関する法律違反
・軽犯罪法違反
・暴力行為等処罰に関する法律違反
・銃砲刀剣類所持等取締法違反
・覚せい剤取締法違反
・麻薬及び向精神薬取締法違反
・大麻取締法違反
・医薬品,医療機器等の品質,有効性および安全性の確保等に関する法律違反
・関税法違反
・国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び
 向精神薬取締法等の特例等に関する法律違反
・貸金業法違反
・出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律違反
・組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反
・債権管理回収業に関する特別措置法違反
・会社法違反
・著作権法違反
・商標法違反
・不正競争防止法違反
・私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律違反
・法人税法違反
・所得税法違反
・弁護士法違反
・公職選挙法違反
・廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反
・犯罪による収益の移転防止に関する法律違反
・鉄道営業法違反
・電波法違反
・建設業法違反
・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反
・出入国管理及び難民認定法違反,など

その他のメニュー

弊所の弁護士費用について記載しております。

弊所の解決実績,お客様の声について記載しております。

弊所へのアクセスの仕方について説明しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所の弁護士紹介のページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

Call: 0120-135-165