少年事件に強い弁護士事務所 弁護士法人 渋谷青山刑事法律事務所(東京都渋谷区)

東京都渋谷区渋谷1-4-6 ニュー青山ビル302
渋谷駅5分,表参道駅9分の弁護士事務所

営業時間:8:30~20:00(日祝を除く)
相談電話受付時間:7:30~23:00(日祝を除く)

初回相談電話は無料
(7:30~23:00,日祝を除く)

対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県になっております。

お子様が逮捕された,
警察から連絡があった,
そんな時はすぐにお電話を!

0120-135-165

公然わいせつ(少年事件)

こちらでは,少年事件における公然わいせつについて解説していきます。

公然わいせつについて

公然わいせつとは,不特定または多数の人が認識できる状態でわいせつな行為をすることです。公然わいせつについては,刑法第174条で規定されています。
 公然わいせつ罪は,他のわいせつ犯罪と比べて,被害者への身体的な接触がないことから,刑が比較的軽くなっています。もっとも,
少年事件においては,公然わいせつ行為の異常性から,少年の身体拘束可能性が高まってしまう側面もあります。
 また,お尻や太股などを露出する行為について,公然わいせつ罪が成立しない場合であっても,軽犯罪法の身体露出の罪が成立することがあります(軽犯罪法第1条第20号)。

刑法第174条(公然わいせつ)

 公然とわいせつな行為をした者は,六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

軽犯罪法第1条第20号(身体露出の罪)

第一条 左の各号の一に該当する者は,これを勾留又は科料に処する。
二十 公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方で
  しり,ももその他身体の一部をみだりに露出した者

公然わいせつ事件の具体的な態様(少年事件)

 公然わいせつに当たる行為としては,路上で自己の性器を見せる行為や劇場などの場所でわいせつな行為を鑑賞させる行為などがあります。自らが自動車や自転車に乗った状態で,陰部を露出する行為なども公然わいせつ罪が成立します。公然わいせつ罪の場合,社会の健全な性的道徳感情を守ることを目的としていますので,法的には被害者が存在しない形になりますが,実際上はわいせつな行為を見せられた人が被害者として扱われることが多く,捜査段階,審判段階でもそのように扱われることになります。
 少年事件という観点から見ると,公然わいせつ行為は,思春期特有の性衝動の高まりから行われることが多く,異性に対して自慰行為を見せつけるなどの行為に及んでしまうケースがよく見かけられます。また,少年が強いストレスを抱えてしまったことにより,公然わいせつ行為に及んでしまう傾向も見受けられます。
 公然わいせつ罪は,他の性犯罪に比べ刑罰自体はそれほど重くなっていませんが,行為自体の異常性があるため,少年の身体拘束がなされる可能性は十分にあります。特に,少年の内面を観察する必要性が高い事案が多いため,少年鑑別所に収容される可能性は,罪の重さからすれば高くなります。
 なお,公然わいせつ罪と軽犯罪法の身体露出の罪との関係については,公然わいせつ罪が成立するような場合には,身体露出の罪が成立しないという関係であり,わいせつ性がそれほどない場合には,公然わいせつ罪が成立せず,身体露出の罪のみが成立します。

公然わいせつ事件の弁護のポイント(少年事件)

 公然わいせつ罪の場合,行為の異常性や行為の常習性等から逮捕・勾留される可能性があります。ただ,逮捕・勾留される前から,弁護士が弁護人として付いて,警察や検察,裁判所に対して,少年の身体を拘束しないように求める意見書などを提出することによって,少年が身体拘束されないようにすることができる場合があります。また,事件が家庭裁判所に送られたタイミングで,弁護士(付添人)が家庭裁判所に対して,観護措置(少年鑑別所に収容すること)を取らないように求める意見書を提出することによって,少年鑑別所収容を避けられる可能性が高まります。
 また,公然わいせつ罪の場合には,少年の性嗜好に異常性がある場合があるため,公然わいせつ行為を二度と行わせないように,再犯防止を目的として
専門の医療機関に通院するなどの方法が必要となる場合が多いでしょう。また,少年が他人の前でわいせつな行為をしたことによって,精神的被害を被っている人がいる場合には,その人に対して被害弁償を行い,その人からの赦しを請うことも重要になってきます。
 この種の犯罪は,余罪が複数あるケースも多いので,早い段階で弁護人が付いて,弁護方針を固めていく必要があります。また,家庭裁判所に事件が送られてからは,観護措置(鑑別所に行くこと)を回避するだけでなく,調査官や裁判官に対して,少年の公然わいせつ行為の異常性がそれほど大きくないことなどを説得していく必要があります。

公然わいせつ事件の解決実績

 少年が路上において歩行していた女性に自己の自慰行為を見せつけた公然わいせつ事件。

 この事件では,少年は後日通常逮捕されましたが,逮捕後すぐに弁護士(弁護人)が少年の身柄解放活動を行いました。検察官は,少年の勾留を求めましたが,弁護士が裁判所に対して,少年の身柄を拘束する必要がないことを訴えた結果,少年は勾留(10日間の拘束)されることなく,逮捕後3日で釈放されました。
その後,事件は東京家庭裁判所に送致されましたが,弁護士(付添人)が少年が本件行為を十分に反省していること,少年の行為の異常性がそれほど大きくないことなどを説明していった結果,少年は家庭裁判所送致後に,少年鑑別所(観護措置)に入ることもなく,公然わいせつの余罪が複数あったものの,審判では少年院送致処分ではなく保護観察処分となりました。

公然わいせつ事件の解決実績

 少年が複合商業施設内において,自己の陰茎を露出させるなどして検挙された公然わいせつ事件

 少年には同様の余罪が複数ありましたが,弁護士(付添人)が本件の罪の大きさを少年に自覚させ反省を促すと共に,生活態度についても指導を行っていきました。その結果,横浜家庭裁判所川崎支部の審判においては,裁判官が少年の反省の程度から再非行のおそれはないと判断し,付添人の意見書どおり,少年を不処分(裁判官からの訓戒のみ)とし,保護観察も付きませんでした。
 これにより,少年が通う学校にも本件が知れることはなく,少年は学校からの処分も免れることとなりました。

その他のメニュー

学校または職場への対応ついて説明しております。

少年鑑別所について説明しております。

少年事件における依存症の治療について説明しております。

無料電話相談はこちら

個人情報が漏れることはありませんので,安心してお電話ください

無料電話相談はこちら
(被害者側の御相談は対応しておりません)

0120-135-165

受付時間:7:30~23:00(日曜日を除く)
東京都渋谷区渋谷1-4-6ニュー青山ビル302

 こちらは,罪名別解説(少年事件)・公然わいせつ事件に関するページです。
 弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所は,【少年事件】に特化した法律事務所です。少年事件を専門とする弁護士があらゆる少年犯罪を全力で弁護いたします。お子様が警察に逮捕されたり,事件に巻き込まれたりした場合には,すぐに無料電話相談を!
 対応地域は,東京,神奈川,埼玉,千葉になります。

無料電話相談はこちら

お子さんが逮捕されたり,捜査を受けたりした場合には,すぐにお電話ください。
(被害者側の御相談は,対応しておりません。)

0120-135-165

 メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 なお,当事務所が東京都渋谷区にあることから,対応地域は,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県となっております。

ごあいさつ

代表弁護士

少年だけでなく保護者も全面的にサポートいたします!

少年事件について

Call: 0120-135-165